エントリー

【長崎県国際課からのお知らせ】被爆75年オンラインイベント

【長崎県国際課からのお知らせ】

 

被爆75年オンラインイベント                                                                                              核兵器が存在することは人類にとって何を意味するのか -コロナ危機の最中に考える- 

 

・日時:令和2年8月9日(日)18:00~20:00 ※日英同時通訳付き

・主催:長崎県、長崎市、赤十字国際委員会(ICRC)

・後援:日本赤十字社、Yahoo!ニュース、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)

 

※参加は無料です。事前登録をお薦めします。(事前登録https://bit.ly/2ZGKoqc)

 

※オンラインプラットフォームについては、後日、ICRC駐日代表部公式サイト

に告知されます。

 

・概要:本イベントは、長崎発信のグローバルイベントで、ノーベル平和賞を受賞した組織(ICAN、ICRC)と、国連の軍縮部門を率いる中満泉氏などが一堂に会し、核兵器のない世界の構築を世界に訴えます。オンラインで長崎と東京、ジュネーブ、ロンドンなど複数の場所をつなぎ、被爆の記憶をどう世界と未来に語り継ぐかについて、長崎の被爆者と若者と語り合います。

 

詳細は長崎県国際課のHPをご覧ください。

http://www.pref.nagasaki.jp/object/kenkaranooshirase/oshirase/444899.html

 

ページ移動

外国人相談窓口
新型コロナウイルス感染症










TOP

サイト内検索

エントリー検索フォーム
キーワード